(調査二十四日目・幕間)

(調査二十四日目・幕間)
 
 
 まるで死体のように、メロウ姉さんは椅子の上で毎晩ぐったりと寝そべるのだ。細やかな彫刻の施された、木製の安楽椅子――この街では、木製品はそれだけでも珍しい――の背を思い切り傾けて、ほとんど仰向けのようなだらしのない格好で、顔の上に両手で掲げた『本』の印刷文字を、姉さんは黙然と凝視した。
 本を構成する紙群を閉じる厚手の黒い表紙には、古い共用語と思われるタイトルが彫刻のような白い意匠で印字されていた。強いデフォルメのためか、あるいはぼくの共用語語彙の貧弱さのためか、ぼくはその題名を読み取ることができない。
 そうだ。まず『本』の説明をしなければならなかった――本とは、いわば地球古風趣味に属する奇妙な形式の印刷媒体だった。ぼくらが普段接しているドキュメントやリーフレットの類とは完全に一線を画している。十数センチメートル四方に切り揃えられた長方形の白紙に、専用インクでの単色活版印刷(そんなシステムが今もどこかで運用されているなんて!)を施したものを、一辺にぴったり沿うような沿う何らかの形で――恐らく分子蒸着技術で――束ねているのだ。そして厚紙の『表紙』で挟み、ひとつのまとまりにすることで、携行と読解を可能とした完全無垢たるアナログデバイスである。ぼくは『本』というこの媒体についてそれ以上の素性は知らないが、その製造の全工程において専用の機械類が用いられている事実は疑いようがなく、また「たとえ少なくとも欲しがる人がいるから供給もしている」類のアンティークであり――その類の物品の常として、おしなべて高価だった。
 データベースとフィールド操作盤と網膜投射を併用すれば、遥かに安価で手軽、かつ身体への負担も小さい形で、まったく同じ文章が読めるのにもかかわらず、ぼくの姉さんはこの本という超原始的フォーマットをとてもよく好んだ。『本棚』(お察しの通り、本を置くための棚だ)なるものを複数注文して、この家のリビングと自室に持ち込み、ジャンルや分類ごとに背表紙を並べてしまうほどに……。遠き星々から専用便で輸入された本たちの総数は、一千を優に下らない。
 野暮ではありたくない。他人の趣味に対して、「希少資源の浪費では?」とか、「その姿勢は腕が疲れないの?」とか、「そもそもその形式に何の意味があるの?」とか、そのような類の質問をぶつけるつもりは、ぼくにはこれっぽっちもなかった。それにしたって、ぼくの抱いているそうしたごく普遍的な感慨は、ほんの僅かなりとも、態度や表情として漏出してしまうのかもしれなかった――。傍若無人のくせに繊細過敏なメロウ姉さんは、その気配をぼくから感受したのか、手に取っていた『ハードカバーの書籍』を眼前まで近づけて、「すんすん」とあえてゆっくり鼻を鳴らした後に、顔の下を本で隠したまま、灰色の瞳だけをぼくに向けて、こう言い放ったことがある。
「においが、いいんだよね」
 姉さんは今夜も、そんな魅力的香りに満ち満ちた(らしい)本の一冊を両手に掲げて、マホガニー木材製の安楽椅子に寝そべるように寄りかかっている。例の芯の強い視線で活版印刷製の文字列をまっすぐ凝視しつつ、しかし唇の端を微妙に歪めながら、滔々と読書に勤しんでいた。
 ぼくは、そんな姉さんの斜め上――リビング、あるいは大泡室の上部に備え付けられた一連の装置を見上げる。室内の気体循環システムは音もなく正常動作している。外部フィルターはぼく自身が昨日交換したばかりだった。修理用ドローンをレンタルすることもできたが、多少なりとも依頼料は無視できなかった。ドローンに雑務を任せすぎるのは良くないとぼくは思う。できることなら、自分でやった方がいい。
 自室のバッグに残されたカプセル型閉塞観測装置を、ふと思い出した――今日の『崖下』での地質取材の情報が、その内部に保管されているのだ。どう調整してどう切り取れば、゛この世界に最初からいない”エアリーオービスの痕跡を完全に抹消する形で、公開レポートの情報として利用できるか、帰路から延々と思索していたのだ。
 崖下の地質データは一介の大学生のレポートを構成するものとしては既に十分に整っていたと思うけれども、提出期限までには更に完成度を高めておきたかった。それは評価のためというよりは、ぼく自身の一種の矜持に由来している。ぼくは「地元の世界の地質調査」というこの課題において、教授と査定アーティからのありふれた評価ラインなどは関係なく、自ずから定めた水準の記録として、それを残したかったのだ。叶わないことをあえて言うならば、もしかしたら、これから銀河系が茫漠たる時間を経ても、この惑星ナピに興味を抱いた何者か参照に耐え得る、一定以上の蓋然性と客観性を有する、『記録』として。
「あ、そういえば」
 安楽椅子のメロウ姉さんが、ぼくの背に急に声をかけた。
「例のレポートの地質調査、まだ続けてるんだっけ。毎日荒野くんだりまで」
 僕の精神の最深部が、ぎくりとするのを明確に感じ取ってしまった――メロウ姉さんが『荒野の地質調査』の話題に触れたのは、ぼくの記憶と記録によれば八日前に遡る。
 不意打ちだった。
 絶対条件。
 エアリィオービスの秘匿。
 落ち着け。
 相手は他ならぬ姉さんだ。機敏の聡さはぼくの想定を遥かに上回る。もちろん、ぼくは細心の注意を払っていたし、準備も万全のはずだった――なんといっても、まさにこのような状況に合わせて、鏡面に向けたシミュレーション練習さえ、独りで敢行していたのだから。
 ぼくは、六メートルほど離れた位置に座っているメロウ姉さんに、事前の準備通りの動作で振り向きつつ、事前の準備通りの言葉を、事前の準備通りの声音で、正確無比に回答した。
「……他の課題ももう終わっているし、地質学のレポートは理想的な形になるまで、やっておきたいんだ」
 瞳が、
 椅子に身を預けながらも、メロウ姉さんのふたつの灰色の瞳が、ぼくの顔を見つめていた。
 息を呑むのを、殺した。
 こちらの脳幹の奥底まで見透かして、すべてを剥ぎ取ってしまうような、一対の、輝き――。
 だが、視線が重なったのはほんの微々たる瞬間で、すぐに姉さんは手元の『本』に意識を戻すと、「ふうん」と唸った。
「理想形、ねえ。学生さんはまことに結構だこと」
 その声に含まれていたのは、にべもない無関心と、明確な眠気だった。
 どうやらぼくの懸念は杞憂に終わったらしい。姉さんの姿勢は先ほどからまったく変わっていない。プラチナ・ブロンドの長髪を傾ぎきった椅子の背もたれに無造作に垂らして、寝間着の乱れも構わずに、両手に取った黒いハードカバーの内面を見据えている。ただ、その本の内容は若干退屈なのかもしれなかった。
 また、やっぱりその読書姿勢は、首周りの筋肉に相応の負担がかかるようで――首を左右に傾いで、メロウ姉さんは「ぐあ」と小さな溜息を吐いた。

 そして、
 声に出す事実があまりにも当然であるが故に、特に強調する必要もない、
 とでも言わんばかりの、実に落ち着き払った口調で、
 姉さんは、こうつぶやいた。

「でもわたしは、みんなの理想形の惑星開発者、だからなあ」

 ――つい、怪訝な面持ちをしてしまったかもしれないし、唖然として表情筋を動かせなかっただったような気もする。
 ともあれ、ぼくは普段通りの姉さんの放言を沈黙で受け流した。そして可能な限り自然な歩調でもって、リビングを横切って自室へとまっすぐ向かった。
 扉を閉めて物理鍵をかけてから、ようやくひとつ溜息を吐くことができた。
 床に無造作に置かれたバッグのサイドポケットから、カプセル型閉塞観測装置を取り出して、総合情報処理端末の曲面モニタの前に腰かける。

 カプセルを端末に載せて、生体認証接続を行う直前に。
 ぼくは、ふと、手を止めた。
 指先に握られていたのは、観測・記録デバイスである卵のような青い物体だった。
 カプセルを、ぼくは見つめていた。
 そしてその時、まったく同じように。
 カプセルもまた、ぼくを見つめていたのだ。

 ――とてもくだらない、ある思惑、あるいは疑問が、ぼくの大脳皮質の内奥を反響する。
 そのシナプスの摂動は、まさにくだらない、根も葉もない思い付きそのものであって、一笑に伏すまでもないような代物だった。
 事実、ぼくはすぐにそれを振り払った。

 ただ、少しだけ、考えてしまっただけだ。

 ――ならば、ぼくは、あの少女にとっての理想形のひとつに、なれているのだろうか。
 あるいは、なってしまっている、のだろうか。

(『惑星開発姉弟のクリスマス』より)

June/2017 「我が身を切って振り返る」

こんばんは。ムノニアです。
遅々とした進行&危うい運転で、「惑星開発姉弟(きょうだい)のクリスマス」、駆動中です。

首を捻って、遊んでいました。
「なぜこうできないんだろう」「うまくこうならないな」「これはどうしようか」の繰り返し。
リビルド、リビルド、の繰り返し。
キャラクターの整理と整頓、多少の付加情報設定の作成、プロットの見直し、その他諸々を経て7ヶ月、近日ようやくまともな車線に乗り出した所存です。
しかしそんな苦労と気苦労を積み重ねて、ようやく完成したブツは良質になるのか?と問われますと。
どうでしょう。…どうなんでしょうね?

「クリスマス」は、リトル・キャンドルライト・ノベルとして、間違いなく最長のものになりそうです。一般的な本の一冊分くらいでしょうか。長ければいいってものでもないでしょうに。
当初は「とりあえず、ちゃんと小説を書こう」からの、リハビリ的に立ち上げた企画だったのですが。紆余曲折経て、まあまあ壮絶なリハビリを実践することになりました。

ともあれ、自然治癒力なるやつは信用できそうです。
手酷い怪我を負っても、じっくりと待ってリハビリを重ねれば、おおむね元の体に戻るのです。
すべてが元通りになるかと言えば、個人的経験を鑑みるに、言葉を濁さざるをえないのですが。
 
 
発作的に書いた掌編も発作的に載せています。「なんだこりゃ」「ムノニアJも暇なやつだなあ」とでも思っていただければ幸いです。それでは。

亡骸<なきがら>

 亡骸<なきがら> 作:ムノニアJ

 

 彼には、理由がなかった。
 それが、理由だった。
 だからこそ、ただひとつの欲動は、彼が身を底深く焦がした。

 ――おれは、「理由なき徒」ではない。

 あまりにも単純な、ただそれだけの結論を、彼は厳然たる確信をもってして、この世の地表に堂々と穿ちたかった。そして世界のすべての空を揺らす大音声で、猛然と叫びたかった。それは抑え難く耐え難い衝動であった。彼は自らの不理由性の矛盾を証明せんがために、あるいは、その証明不能を反証せんがために、休息と永久の縁切りを果たした。一種の欺瞞的歪曲に充ち満ちた不断は、やがて彼の生命そのものと融合し、遂には等価となった。
 しかし彼の行為の何もかもは、虚しくも、無為無益の徒労として落着した。彼の力は着実に増幅し、過剰なまでに肥大化していたが、それでもあらゆる試みにおいて、耐え難く無惨な失敗を幾度となく遂げていったのだ。時にそれは必然にさえ思える程であった。彼は「自らの理由の欠如」という仮想的属性を対象として、首尾徹底たる探求を繰り返し、真心によって対面し、時に深く抱擁したかと思えば、あらん限りの罵倒を延々と浴びせかけた。あまりにも永い繰り返しだった。彼の手によって正確無比に投げ放たれた苦闘の雪玉たちは、それでもなお、無意味の壁にひたすら打ち砕かれて、惨めな残滓を晒しながら融け去っていった。ついには、招かれざる客――疲弊が、戸を叩き始めた。
 そして「理由」は、彼の雪玉のすべてが完全に融け切った瞬間を、そして彼がその肺臓そのものを底深く昏い吐息へと替え、最後の呼吸をついに遂げた瞬間を、まるで獰猛な悪意をもって狙いすましたかのように、その眼前へと現出したのであった。彼はまず、己が認識を疑った。理解を疑った。観念を疑った。「理由」などと呼称されるものは、常としてまず疑念の視線で直視される宿命にあるのかもしれない。あるいは、度重なる徒労感と敗走の追憶に、直視しがたい程の被虐的疑念が彼の心身にその根を張り詰めていたのか。
 疑念を疑念で掬い洗ってなお、「理由」は、首尾一貫した燦然たる輝きをもってして、彼の前に存在していた。
 それは、純然たるもの、だった。
 彼の「理由」を追い求める旅路は、著しい貪欲と傲慢の為せる業であった。彼は相対性を忌避する絶対者であった。彼の業は、世における彼以外のあらゆるものを飲み込み、自らにとっての最適な構成素子へと還元していた。同時に、彼はすべてを孕んだが故にまた、終わりなき混沌の坩堝と化していた。「理由」の獲得の為ならば、彼は自らが不可逆的無秩序と化すことさえもまったく厭わなかった。そうして、彼は地獄だった。
 純然たるもの。
 見落としていたのは、至極道理と言えよう。
 当然のことながら、彼はほとんど本能的な衝動より、それに向けて手を伸ばそうとした。遂に相対した「理由」に、指先で触れて、掌で掴み取り、腕を曲げて牽引し、牙をもって喰らい、我がものへと換えようと試みた。だが彼も、もはや半ば理解していたのだ。もはやその存在は、自らの手にかけることなど、いかなる道程を経ても絶対に叶わぬものであるという真実を。そう、もはや自らの肉体と精神が「純然たる」ことなど、二度とあり得ないのだという因果を。彼はその存在価値を全面的に「理由」の獲得に捧げたが故に、その「理由」を永遠に見失ってしまったのだ……。彼は驚愕し、狼狽し、焦燥すると、ついには嚇怒した。だがそれらすべての前に、彼は著しく疲れ切っていた。探求に身を費やした当然の結末としての徹底的消耗は、他の精神的諸活動に実にあっさりと打ち勝った。彼の姿は、もはや枯れ木とすら言えなかった。指どころか、眼筋の一本動かすことさえも叶わぬ、疲弊の化身。
 「理由」の姿を眼に焼き付けようとしたが、その試みすらも濁った暗闇に阻まれて、彼は転落して倒れ伏した。

 ――おれは、「理由なき徒」だったのか?

 彼は、答えを、掴み損ねた。
 彼は、純然たるもの、に、なれなかった。
 彼は、理由なき者として生まれ、理由なき者として生き、理由なき者として、死んだ。

 

 ひとつの、微かな亡骸を前にして。
 純然たるものは、その場に膝を崩し、両手を顔に当てがうと。
 哀しげな啜り声を上げて、ついには泣き出してしまった。

 <完>

 

 

2017/05 「それでもなにかを期待するなんて」

・月に一回くらいのペースで、月報のような具合で更新していこう、と企んでいます。

・「『惑星開発姉弟のクリスマス』の執筆は順調です!」といった、みっともない嘘をつきたくないので、ハッキリ言ってしまいますと、最近はあまり書けないでいます。書き出すための一歩を踏み込むのに、やや億劫にさえなっている日々です。
・「これでいいのだろうか?」という自問を繰り返している内に、どんどんドツボにはまって抜け出せなくなるパターンであることを自覚はしつつも、その自覚を無視するようにして肉体はただただ泥沼にのめり込んでいくばかりの意識体験に呑まれる日々、でもあったりします。

・そんな中で、なんとか短編を一作、ニュートラルな気持ちで書いてみよう…と、重い腰を上げて書き始めましたのが「孤独なジェミニ」。ノベルゲームの形式で、近日公開予定です。あくまでも、予定です。

・今回は『ツクールMV』での実装を考えています。ツクールは『2000』より触ったことがなかったので、「ツクールってこんなに複雑になってるんだ…」「.jsて…」などとたじろいだりしています。

2017/04/04 「こういう言葉なら簡単に出てくる」

リトル・キャンドルライトのムノニアJです。

4月になりましたね。
あるいは、4月になってしまいましたね。

去年は11月に執筆がスタートした拙作ノベル『惑星開発姉弟のクリスマス』は、まったくもって予定通りとは言えませんが、遅々ながらも進行中です。

プロットの全面的な見直し、設定の大幅拡充(とはいえ、作中に出てこないものがほとんどになりそうです)、それに合わせたほぼ一からの書き直し……そんなあれこれを「趣味だからいいか……」などと、実にダラダラと締りなく続けているうちに、あるいは某ゲームを楽しんだり、某ゲームで3D酔いから戻すのを堪えたり、某映画を前に涙を堪えたりしているうちに、

4月になってしまいましたよ。4月。
新年度、新生活、新学年、――新○○が、どうしても目につく季節。
つまり、「いつまで去年からの企画チンタラやってるんだ」という圧力の季節です。

それにしても、『クリスマス』。書いていて我ながら感心する最大の事柄は、「ケイヴィ君(主人公です)は、なんとまあ利他的な人物なんだろう」――の一点だったりしますね。他人のために動きすぎだよ、まったく君は。もう少し自己中心的な人物の方が、こちらとしても描きやすいな、と感じるのは――きっと書き手が利己心の塊だからでしょう。

先日はこんなこともツイートしてしまいましたが(ツイッターという代物は、わたし程度の人物では、どうあがいても即時的で無責任極まる言葉の噴出地点になってしまいますね。反省)、現時点では、たぶんタイトルは『クリスマス』のままになると思います。
本丸のクリスマスの登場はほんの僅かなものなのですが、つまるところきっと、良くも悪くもそういうものなのです、この『惑星開発姉弟』シリーズは。ええ。

気が早いかもしれませんが。
『クリスマス』の完成後のことです。実はもうひとつ企画を考案中です。色々な意味で、今までわたしムノニアJが演じたことのない方向性のお話になりそうです。去年より考えていたシナリオのひとつです。
この物語の主人公は、ケイヴィ君よりは少しばかり、利己心の強いキャラクターになりそうです。だから、既に少し安心しています。

なにはともあれ、『クリスマス』の完成・公開が、当面のモクテキとなります。
もはや意味やら意義やらは二の次です。この話にはキチンとトドメを刺してやらなくては気が済みません。

そんなわけで、酔狂な『リトキャン』読者の皆様におかれましては(ありがとうございますゝゝ)、まだまだ長い目でお待ちいただければ、こちらとしては幸いに存じます。
それでは、また後ほど。ムノニアJがお送りしました。

 

『2017年アンケート』、ご投票お待ちしています。……あたらめて項目を見ると、『キャラクター』の項目は、いくらなんでも選択肢少ないというか、そもそも他人任せもいいところというか――とはいえ、そのままにしておきます。

そして、このアンケートページからのメッセージについては、読んでいます、という事実のみはお知らせしておきます。ありがたいです、という事実も、やっぱりお知らせしておきます)