亡骸<なきがら>

 亡骸<なきがら> 作:ムノニアJ

 

 彼には、理由がなかった。
 それが、理由だった。
 だからこそ、ただひとつの欲動は、彼が身を底深く焦がした。

 ――おれは、「理由なき徒」ではない。

 あまりにも単純な、ただそれだけの結論を、彼は厳然たる確信をもってして、この世の地表に堂々と穿ちたかった。そして世界のすべての空を揺らす大音声で、猛然と叫びたかった。それは抑え難く耐え難い衝動であった。彼は自らの不理由性の矛盾を証明せんがために、あるいは、その証明不能を反証せんがために、休息と永久の縁切りを果たした。一種の欺瞞的歪曲に充ち満ちた不断は、やがて彼の生命そのものと融合し、遂には等価となった。
 しかし彼の行為の何もかもは、虚しくも、無為無益の徒労として落着した。彼の力は着実に増幅し、過剰なまでに肥大化していたが、それでもあらゆる試みにおいて、耐え難く無惨な失敗を幾度となく遂げていったのだ。時にそれは必然にさえ思える程であった。彼は「自らの理由の欠如」という仮想的属性を対象として、首尾徹底たる探求を繰り返し、真心によって対面し、時に深く抱擁したかと思えば、あらん限りの罵倒を延々と浴びせかけた。あまりにも永い繰り返しだった。彼の手によって正確無比に投げ放たれた苦闘の雪玉たちは、それでもなお、無意味の壁にひたすら打ち砕かれて、惨めな残滓を晒しながら融け去っていった。ついには、招かれざる客――疲弊が、戸を叩き始めた。
 そして「理由」は、彼の雪玉のすべてが完全に融け切った瞬間を、そして彼がその肺臓そのものを底深く昏い吐息へと替え、最後の呼吸をついに遂げた瞬間を、まるで獰猛な悪意をもって狙いすましたかのように、その眼前へと現出したのであった。彼はまず、己が認識を疑った。理解を疑った。観念を疑った。「理由」などと呼称されるものは、常としてまず疑念の視線で直視される宿命にあるのかもしれない。あるいは、度重なる徒労感と敗走の追憶に、直視しがたい程の被虐的疑念が彼の心身にその根を張り詰めていたのか。
 疑念を疑念で掬い洗ってなお、「理由」は、首尾一貫した燦然たる輝きをもってして、彼の前に存在していた。
 それは、純然たるもの、だった。
 彼の「理由」を追い求める旅路は、著しい貪欲と傲慢の為せる業であった。彼は相対性を忌避する絶対者であった。彼の業は、世における彼以外のあらゆるものを飲み込み、自らにとっての最適な構成素子へと還元していた。同時に、彼はすべてを孕んだが故にまた、終わりなき混沌の坩堝と化していた。「理由」の獲得の為ならば、彼は自らが不可逆的無秩序と化すことさえもまったく厭わなかった。そうして、彼は地獄だった。
 純然たるもの。
 見落としていたのは、至極道理と言えよう。
 当然のことながら、彼はほとんど本能的な衝動より、それに向けて手を伸ばそうとした。遂に相対した「理由」に、指先で触れて、掌で掴み取り、腕を曲げて牽引し、牙をもって喰らい、我がものへと換えようと試みた。だが彼も、もはや半ば理解していたのだ。もはやその存在は、自らの手にかけることなど、いかなる道程を経ても絶対に叶わぬものであるという真実を。そう、もはや自らの肉体と精神が「純然たる」ことなど、二度とあり得ないのだという因果を。彼はその存在価値を全面的に「理由」の獲得に捧げたが故に、その「理由」を永遠に見失ってしまったのだ……。彼は驚愕し、狼狽し、焦燥すると、ついには嚇怒した。だがそれらすべての前に、彼は著しく疲れ切っていた。探求に身を費やした当然の結末としての徹底的消耗は、他の精神的諸活動に実にあっさりと打ち勝った。彼の姿は、もはや枯れ木とすら言えなかった。指どころか、眼筋の一本動かすことさえも叶わぬ、疲弊の化身。
 「理由」の姿を眼に焼き付けようとしたが、その試みすらも濁った暗闇に阻まれて、彼は転落して倒れ伏した。

 ――おれは、「理由なき徒」だったのか?

 彼は、答えを、掴み損ねた。
 彼は、純然たるもの、に、なれなかった。
 彼は、理由なき者として生まれ、理由なき者として生き、理由なき者として、死んだ。

 

 ひとつの、微かな亡骸を前にして。
 純然たるものは、その場に膝を崩し、両手を顔に当てがうと。
 哀しげな啜り声を上げて、ついには泣き出してしまった。

 <完>

 

 

2017/05 「それでもなにかを期待するなんて」

・月に一回くらいのペースで、月報のような具合で更新していこう、と企んでいます。

・「『惑星開発姉弟のクリスマス』の執筆は順調です!」といった、みっともない嘘をつきたくないので、ハッキリ言ってしまいますと、最近はあまり書けないでいます。書き出すための一歩を踏み込むのに、やや億劫にさえなっている日々です。
・「これでいいのだろうか?」という自問を繰り返している内に、どんどんドツボにはまって抜け出せなくなるパターンであることを自覚はしつつも、その自覚を無視するようにして肉体はただただ泥沼にのめり込んでいくばかりの意識体験に呑まれる日々、でもあったりします。

・そんな中で、なんとか短編を一作、ニュートラルな気持ちで書いてみよう…と、重い腰を上げて書き始めましたのが「孤独なジェミニ」。ノベルゲームの形式で、近日公開予定です。あくまでも、予定です。

・今回は『ツクールMV』での実装を考えています。ツクールは『2000』より触ったことがなかったので、「ツクールってこんなに複雑になってるんだ…」「.jsて…」などとたじろいだりしています。

2017/04/04 「こういう言葉なら簡単に出てくる」

リトル・キャンドルライトのムノニアJです。

4月になりましたね。
あるいは、4月になってしまいましたね。

去年は11月に執筆がスタートした拙作ノベル『惑星開発姉弟のクリスマス』は、まったくもって予定通りとは言えませんが、遅々ながらも進行中です。

プロットの全面的な見直し、設定の大幅拡充(とはいえ、作中に出てこないものがほとんどになりそうです)、それに合わせたほぼ一からの書き直し……そんなあれこれを「趣味だからいいか……」などと、実にダラダラと締りなく続けているうちに、あるいは某ゲームを楽しんだり、某ゲームで3D酔いから戻すのを堪えたり、某映画を前に涙を堪えたりしているうちに、

4月になってしまいましたよ。4月。
新年度、新生活、新学年、――新○○が、どうしても目につく季節。
つまり、「いつまで去年からの企画チンタラやってるんだ」という圧力の季節です。

それにしても、『クリスマス』。書いていて我ながら感心する最大の事柄は、「ケイヴィ君(主人公です)は、なんとまあ利他的な人物なんだろう」――の一点だったりしますね。他人のために動きすぎだよ、まったく君は。もう少し自己中心的な人物の方が、こちらとしても描きやすいな、と感じるのは――きっと書き手が利己心の塊だからでしょう。

先日はこんなこともツイートしてしまいましたが(ツイッターという代物は、わたし程度の人物では、どうあがいても即時的で無責任極まる言葉の噴出地点になってしまいますね。反省)、現時点では、たぶんタイトルは『クリスマス』のままになると思います。
本丸のクリスマスの登場はほんの僅かなものなのですが、つまるところきっと、良くも悪くもそういうものなのです、この『惑星開発姉弟』シリーズは。ええ。

気が早いかもしれませんが。
『クリスマス』の完成後のことです。実はもうひとつ企画を考案中です。色々な意味で、今までわたしムノニアJが演じたことのない方向性のお話になりそうです。去年より考えていたシナリオのひとつです。
この物語の主人公は、ケイヴィ君よりは少しばかり、利己心の強いキャラクターになりそうです。だから、既に少し安心しています。

なにはともあれ、『クリスマス』の完成・公開が、当面のモクテキとなります。
もはや意味やら意義やらは二の次です。この話にはキチンとトドメを刺してやらなくては気が済みません。

そんなわけで、酔狂な『リトキャン』読者の皆様におかれましては(ありがとうございますゝゝ)、まだまだ長い目でお待ちいただければ、こちらとしては幸いに存じます。
それでは、また後ほど。ムノニアJがお送りしました。

 

『2017年アンケート』、ご投票お待ちしています。……あたらめて項目を見ると、『キャラクター』の項目は、いくらなんでも選択肢少ないというか、そもそも他人任せもいいところというか――とはいえ、そのままにしておきます。

そして、このアンケートページからのメッセージについては、読んでいます、という事実のみはお知らせしておきます。ありがたいです、という事実も、やっぱりお知らせしておきます)

【上部固定】”Little Candlelight” – Infomation

precedence

〈現在/これから〉
#「惑星開発姉弟のクリスマス」執筆中(2016/11~)。
#「読者アンケート2017」設置。


〈主なおしながき/中編/日付は公開日〉
「インダストリアル・レボリューション,スタンド・バイ・ミー」 (中編SF 2014.02)
「惑星開発姉弟のハロウィーン」 (中編SF 2015.02)

〈主なおしながき/ショート〉
「ホビイズ,タイニリィ・グッドバイ」 (ショートSF 2015.07)
「キスメイト,ジェラシイ;スタラグル」 (ショートSF 2013.05)
「あつはなつい」 (ショート 2012.08)


その他のノベルゲームなど: <Novel Games>
掌編テキスト:<Pieces of Fiction>


ご意見・ご感想など、お待ちしています。
「メッセージ・フォーム」 - 「Twitter」

by ムノニアJ mnonyaj@gmail.com

新作ノベル『空《スカイ》』を公開しました。

 

空《スカイ》

月《ルナ》は、蒼空に、いだかれる。

一千字・ショート・SFノベル。

フリーゲームサイト「ふりーむ」イベント「千文字喫茶」参加作品。


ジャンル:掌編SFノベル

想定プレイ時間:3分程度

制作ツール:吉里吉里2/KAG3


[ダウンロード] 

(「ふりーむ」内紹介・ダウンロードページへ)


2017/1/5 ノベルゲーム版 公開

2016/12/11

コメントの付いた記事やメッセージ返信などを除く、公開作品情報に関連のない記事を、すべて非公開にしました。
旧ブログの方はそのまま残しています。

いずれやらなければと思っていることならば、今のうちにやってしまったほうがいい、と思い切りました。
以前の当ブログ記事に、何らかの思い入れのある読者様がいらしたら――もしそんな方がいらしたら、ですが――申し訳ないです。

2016/12/08

奇妙奇天烈なきしみを頭蓋骨の辺りから沸き上げながら、「わくかい2」書いています。書いています。と書いたところで、それで何かが変わるわけでもないのです。しょーがない。しょーがないしなんかしょーもない。

それにしてもこのきしみ感はいつになく激しい。前作はほとんどスムーズに書けたのに。何時間かひいひい言ってやっと2千字って。文章すら書けなくなったかムノJよ。あわれよのムノJよ。前作の時は一部除くシーンは感覚的に片付けられたのと対照的に、今回は頭を使ってパズルのように書いている自覚がある。脳を消耗する熱が神経系をかけめぐって、疲れる。

でも書かないと。

2016/11/23 メッセージ返信

メッセージ・フォームからのコメントへの返信です。

当サイトは、「メッセージ・フォーム」より、メッセージをお待ちしています。ご感想・ご質問・ご提案など、どのような内容でも歓迎します。


>finalbeta さん

 >新作のお知らせ拝見いたしました。
 >おお、「惑星開発姉弟のハロウィーン」続編!
 >しかもなんだか凄いことになりそう!?
 >ゆっくり、楽しみにしていますね。

はい。続きです。
ナピの姉弟を描いたまさしく続編ですが、前作が未読の方にも単独の物語として読めるようなかたちを目指して、目下試行錯誤中です。悪戦苦闘中です。七転八倒中です。

 >プロットも明確にはなっておらず、具体的に言うと、メロウ姉さんが登場するか/しないかさえ決まっていない段階です。
 >少なくとも、ケィヴィ君がもっと可哀想な目に遭うとは思いますが。それは確実です。
(2015-07-12 メッセージ返信 より)
http://littlecandlelight.com/?p=2713

筋書きはおおむね完成しました。内容についてはあまりお話できませんが、一年以上前の氏への返信記事に書いた通り、主人公のケイヴィ君が酷い目に遭うことは既に確実なものとなりました。ちなみに、メロウ姉さんは登場します。
あまり楽しみにせず、楽しみにしていてください(?)。


最近、自らの価値観や感覚に変遷を感じる中で、
どういった物語を書いていくのが相応しいのかを自問自答した結果が、
「まずは、ナピの物語に戻ろう」だったのが、今回の執筆のきっかけだったりします。
それにまだ伝え足りないことが、この世界には残っているように感じたのです。
(それを伝えられるかどうかは、全く別の話ですが…)


上記の記事に書いた「妙な地衣類」、我ながらいいフレーズです。
妙な地衣類のように、隅っこでぼちぼちと、マイペースに書いていこうと思います。
どうやら、そういうのが私には合うようですので。

まったくもって未熟者と感じるのを禁じえませんが。

毎度メッセージありがとうございます。ついてきてくださり、感謝します。
それでは、また。