2017/05 「それでもなにかを期待するなんて」

・月に一回くらいのペースで、月報のような具合で更新していこう、と企んでいます。

・「『惑星開発姉弟のクリスマス』の執筆は順調です!」といった、みっともない嘘をつきたくないので、ハッキリ言ってしまいますと、最近はあまり書けないでいます。書き出すための一歩を踏み込むのに、やや億劫にさえなっている日々です。
・「これでいいのだろうか?」という自問を繰り返している内に、どんどんドツボにはまって抜け出せなくなるパターンであることを自覚はしつつも、その自覚を無視するようにして肉体はただただ泥沼にのめり込んでいくばかりの意識体験に呑まれる日々、でもあったりします。

・そんな中で、なんとか短編を一作、ニュートラルな気持ちで書いてみよう…と、重い腰を上げて書き始めましたのが「孤独なジェミニ」。ノベルゲームの形式で、近日公開予定です。あくまでも、予定です。

・今回は『ツクールMV』での実装を考えています。ツクールは『2000』より触ったことがなかったので、「ツクールってこんなに複雑になってるんだ…」「.jsて…」などとたじろいだりしています。

2017/04/04 「こういう言葉なら簡単に出てくる」

リトル・キャンドルライトのムノニアJです。

4月になりましたね。
あるいは、4月になってしまいましたね。

去年は11月に執筆がスタートした拙作ノベル『惑星開発姉弟のクリスマス』は、まったくもって予定通りとは言えませんが、遅々ながらも進行中です。

プロットの全面的な見直し、設定の大幅拡充(とはいえ、作中に出てこないものがほとんどになりそうです)、それに合わせたほぼ一からの書き直し……そんなあれこれを「趣味だからいいか……」などと、実にダラダラと締りなく続けているうちに、あるいは某ゲームを楽しんだり、某ゲームで3D酔いから戻すのを堪えたり、某映画を前に涙を堪えたりしているうちに、

4月になってしまいましたよ。4月。
新年度、新生活、新学年、――新○○が、どうしても目につく季節。
つまり、「いつまで去年からの企画チンタラやってるんだ」という圧力の季節です。

それにしても、『クリスマス』。書いていて我ながら感心する最大の事柄は、「ケイヴィ君(主人公です)は、なんとまあ利他的な人物なんだろう」――の一点だったりしますね。他人のために動きすぎだよ、まったく君は。もう少し自己中心的な人物の方が、こちらとしても描きやすいな、と感じるのは――きっと書き手が利己心の塊だからでしょう。

先日はこんなこともツイートしてしまいましたが(ツイッターという代物は、わたし程度の人物では、どうあがいても即時的で無責任極まる言葉の噴出地点になってしまいますね。反省)、現時点では、たぶんタイトルは『クリスマス』のままになると思います。
本丸のクリスマスの登場はほんの僅かなものなのですが、つまるところきっと、良くも悪くもそういうものなのです、この『惑星開発姉弟』シリーズは。ええ。

気が早いかもしれませんが。
『クリスマス』の完成後のことです。実はもうひとつ企画を考案中です。色々な意味で、今までわたしムノニアJが演じたことのない方向性のお話になりそうです。去年より考えていたシナリオのひとつです。
この物語の主人公は、ケイヴィ君よりは少しばかり、利己心の強いキャラクターになりそうです。だから、既に少し安心しています。

なにはともあれ、『クリスマス』の完成・公開が、当面のモクテキとなります。
もはや意味やら意義やらは二の次です。この話にはキチンとトドメを刺してやらなくては気が済みません。

そんなわけで、酔狂な『リトキャン』読者の皆様におかれましては(ありがとうございますゝゝ)、まだまだ長い目でお待ちいただければ、こちらとしては幸いに存じます。
それでは、また後ほど。ムノニアJがお送りしました。

 

『2017年アンケート』、ご投票お待ちしています。……あたらめて項目を見ると、『キャラクター』の項目は、いくらなんでも選択肢少ないというか、そもそも他人任せもいいところというか――とはいえ、そのままにしておきます。

そして、このアンケートページからのメッセージについては、読んでいます、という事実のみはお知らせしておきます。ありがたいです、という事実も、やっぱりお知らせしておきます)

2016/12/11

コメントの付いた記事やメッセージ返信などを除く、公開作品情報に関連のない記事を、すべて非公開にしました。
旧ブログの方はそのまま残しています。

いずれやらなければと思っていることならば、今のうちにやってしまったほうがいい、と思い切りました。
以前の当ブログ記事に、何らかの思い入れのある読者様がいらしたら――もしそんな方がいらしたら、ですが――申し訳ないです。

2016/12/08

奇妙奇天烈なきしみを頭蓋骨の辺りから沸き上げながら、「わくかい2」書いています。書いています。と書いたところで、それで何かが変わるわけでもないのです。しょーがない。しょーがないしなんかしょーもない。

それにしてもこのきしみ感はいつになく激しい。前作はほとんどスムーズに書けたのに。何時間かひいひい言ってやっと2千字って。文章すら書けなくなったかムノJよ。あわれよのムノJよ。前作の時は一部除くシーンは感覚的に片付けられたのと対照的に、今回は頭を使ってパズルのように書いている自覚がある。脳を消耗する熱が神経系をかけめぐって、疲れる。

でも書かないと。

アンケート締め切りました。&メッセージ返信

「ゲーム・アンケート」を本日(2016/10/30)締め切りました。
皆様、ご投票ありがとうございました。

同ページには後日新しいアンケートを設置する予定です。


以下、フォーム・メッセージへの返信です。
続きを読む