[Lacerated words] 輸血

血中濃度、至って正常、心拍数、変わらず平常

でも輸血の悪夢がやまないでいる

 

右手の亡霊がささやいた

このままではいけないと

左手の妖精がひとりごと

明日も今日と同じだよと

 

いま、揺らめく常温は

誰かを、救っていますか

さて、普段通りを終える

日々は、がなり立てやまない

 

実は、知ってるんだ

このあらゆるノイズたちは

すべてが、ぼくの映し画なのだと

毎日、そしていつしか、 曖昧な夢と希望を、狂った抱き枕に変えた

相応の報いなんだって

 

ああ、またたく地下鉄のホームは

沈黙を貫くばかりで

ああ、ぼくのゆく道の果て

待つのはたぶん曖昧な死だけだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。