新作ノベル『空《スカイ》』を公開しました。

 

空《スカイ》

月《ルナ》は、蒼空に、いだかれる。

一千字・ショート・SFノベル。

フリーゲームサイト「ふりーむ」イベント「千文字喫茶」参加作品。


ジャンル:掌編SFノベル

想定プレイ時間:3分程度

制作ツール:吉里吉里2/KAG3


[ダウンロード] 

(「ふりーむ」内紹介・ダウンロードページへ)


2017/1/5 ノベルゲーム版 公開

2016/12/11

コメントの付いた記事やメッセージ返信などを除く、公開作品情報に関連のない記事を、すべて非公開にしました。
旧ブログの方はそのまま残しています。

いずれやらなければと思っていることならば、今のうちにやってしまったほうがいい、と思い切りました。
以前の当ブログ記事に、何らかの思い入れのある読者様がいらしたら――もしそんな方がいらしたら、ですが――申し訳ないです。

2016/12/08

奇妙奇天烈なきしみを頭蓋骨の辺りから沸き上げながら、「わくかい2」書いています。書いています。と書いたところで、それで何かが変わるわけでもないのです。しょーがない。しょーがないしなんかしょーもない。

それにしてもこのきしみ感はいつになく激しい。前作はほとんどスムーズに書けたのに。何時間かひいひい言ってやっと2千字って。文章すら書けなくなったかムノJよ。あわれよのムノJよ。前作の時は一部除くシーンは感覚的に片付けられたのと対照的に、今回は頭を使ってパズルのように書いている自覚がある。脳を消耗する熱が神経系をかけめぐって、疲れる。

でも書かないと。

2016/11/23 メッセージ返信

メッセージ・フォームからのコメントへの返信です。

当サイトは、「メッセージ・フォーム」より、メッセージをお待ちしています。ご感想・ご質問・ご提案など、どのような内容でも歓迎します。


>finalbeta さん

 >新作のお知らせ拝見いたしました。
 >おお、「惑星開発姉弟のハロウィーン」続編!
 >しかもなんだか凄いことになりそう!?
 >ゆっくり、楽しみにしていますね。

はい。続きです。
ナピの姉弟を描いたまさしく続編ですが、前作が未読の方にも単独の物語として読めるようなかたちを目指して、目下試行錯誤中です。悪戦苦闘中です。七転八倒中です。

 >プロットも明確にはなっておらず、具体的に言うと、メロウ姉さんが登場するか/しないかさえ決まっていない段階です。
 >少なくとも、ケィヴィ君がもっと可哀想な目に遭うとは思いますが。それは確実です。
(2015-07-12 メッセージ返信 より)
http://littlecandlelight.com/?p=2713

筋書きはおおむね完成しました。内容についてはあまりお話できませんが、一年以上前の氏への返信記事に書いた通り、主人公のケイヴィ君が酷い目に遭うことは既に確実なものとなりました。ちなみに、メロウ姉さんは登場します。
あまり楽しみにせず、楽しみにしていてください(?)。


最近、自らの価値観や感覚に変遷を感じる中で、
どういった物語を書いていくのが相応しいのかを自問自答した結果が、
「まずは、ナピの物語に戻ろう」だったのが、今回の執筆のきっかけだったりします。
それにまだ伝え足りないことが、この世界には残っているように感じたのです。
(それを伝えられるかどうかは、全く別の話ですが…)


上記の記事に書いた「妙な地衣類」、我ながらいいフレーズです。
妙な地衣類のように、隅っこでぼちぼちと、マイペースに書いていこうと思います。
どうやら、そういうのが私には合うようですので。

まったくもって未熟者と感じるのを禁じえませんが。

毎度メッセージありがとうございます。ついてきてくださり、感謝します。
それでは、また。